トイレが詰まる原因とは?

トイレのつまりが発生する主な原因

トイレのトラブルはいくつかありますが、最近増えてきているのがつまりです。トイレのつまりが発生してしまうと流れなくなるので使用する事が出来なくなります。それで業者に依頼して修理してもらわなければいけません。トイレは毎日使用するのでなるべくつまりが発生しないように注意する必要があります。そこでトイレのつまりはどのような原因で発生するのか確認していきましょう。
トイレットペーパーはトイレのつまりが発生しないように水に溶けやすく作られているので適量を使うようにしていれば問題ありません。しかしトイレットペーパーを使い過ぎてしまうとつまりが発生してしまい流れなくなってしまいます。特にトイレ掃除をしている時に起こる可能性が高いので注意が必要です。
トイレットペーパーがなくなっていてティッシュペーパーを使ってしまう事もあるでしょう。ティッシュペーパーはトイレットペーパーと同じように見えますが、水に溶けにくく作られているので便器に流してしまうとつまりが発生してしまう事もあります。トイレではティッシュペーパーを使うのは控えた方がいいでしょう。
トイレのつまりはトイレットペーパーの使い過ぎとティッシュペーパーの使用が主な原因なので注意しましょう。

トイレがつまったら無理は禁物

突如として起こるトイレのつまり、寝る前や夜中などに起こると途方にくれてしまうこともあります。
トイレのつまりは状況によって異なるものの、簡単なつまりであれば自力で直すことも可能です。
いわゆる「スッポン」などとも呼ばれる道具を使うことで直すことが可能で、ホームセンターなどでも販売されています。
正式には「ラバーカップ」という名前の道具ですが、ラバーカップの先端を押し込んでつまっているものを引っ張り出すことで、時間をかけずに直ることもあります。
ラバーカップが家にない場合には、つまっているものを無理やり押し込んで直そうと考えてしまう人もいますが、場合によってはさらにつまりを悪化させてしまう恐れがあるので注意が必要です。
トイレは毎日使うものでもあるので、トラブルの解決は早いに越したことはありません。
自力での復旧が不可能と判断した場合には速やかに業者に依頼して直してもらうようにしましょう。
業者も水回りのトラブルは生活に直結することを理解しているため、連絡をすればすぐに駆けつけてくれるところが多くあります。
電話などで24時間対応してくれるところもあるため、たとえ夜中にトイレがつまったとしても安心して相談することができます。

おすすめの情報